GIZAHOUSE RUNNING CLUB

●大阪 鶴橋〜赤目口 所要時間はジャスト60分です。
8:18 鶴橋 発 → 9:18 赤目口 着

[ 大会要綱コースの概要コースマップ試走レポート ]
GIZAHOUSE RUNNING CLUB
GIZAHOUSE RUNNING CLUB
GIZAHOUSE RUNNING CLUB GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

大会名 赤目四十八滝 清涼トレイル 約22km
開催日 2017年7月23日(日曜日)
開催地・コース 近鉄大阪線 赤目口駅駅前 → 極楽寺 → 赤目ハイキングコース → 赤目四十八滝 → 出合い茶屋 [エイド予定ポイント]

県道784号 → 曽爾古道 → 今井林道 → 青蓮寺湖西側湖畔 → 青蓮寺ダム [第2エイド予定ポイント] → R165号 → 天然温泉「名張の湯」【ゴール】

●舗装路 60% / 非舗装路 40%
開催種目 ●トレイル・マラニック 約22キロ
参加資格 18歳以上 フルマラソンを5時間30分以内に完走できる方。
参加料 [税込] ● 4,300円 [税込]
申込・締切 2017年7月9日
定員 ●男子 : 150名 / ●女子 : 80名
* お盆で混みあうため、また女子は滞留時間が長いため、今回は入場制限となります。
集合場所 ・近鉄大阪線 「赤目口」駅前
受付・スタート 2017年7月23日(日) 受付=AM 8:40〜9:15 / スタート=AM 9:40
●集合場所・時間・スタート・受付等の要綱については、主催者からの連絡(官製はがき)にてご確認くださいませ。
ゴール 天然温泉 癒しの里「名張の湯」
サービス ●ゴール後、・天然温泉 癒しの里「名張の湯」 でお体をケアしてください。
●荷物は受付にてお預かりし、ゴールにて受け渡します。搬送料は無料です。
●エイドは2か所、通例では、 [いなりずし・バナナ・スナック・スポドリ等] を提供いたします。
●イベントの際撮影した写真は、「データ便」に公開します。ご自由にダウンロードしていただけます。
●記念品・参加証あり。
その他・留意事項 ・本人確認の必要な場合があるので、携帯電話を携行してください。受付の際、電話番号をお伺いします。競技中、携帯電話を携行してください。
・エイドは2ケ所、
* 赤目四十八滝 上流部南西出口「出合茶屋」付近
* 青蓮寺ダム 西側駐車場付近
 体調確認のため、必ずエイドでは5分以上休息し、補給してください。
・集合場所「赤目口駅」前には、コンビニはありません。自販機はいくつかあります。給水給食対策は各自にて準備してください!
・シューズは、概ねランニングシューズで大丈夫です。山道、赤目滝の周辺では、ランシューのグリップでは、滑りやすい箇所がありますので留意してください。また、転倒などを予測し、軍手・タオル・バンドエイドなど携行されることをお勧めします。
・ゴールの天然温泉「名張の湯」から名張駅まで徒歩7分以です。
雨天の場合の順延について変更 ●雨天の場合、また、レース前の数日が雨の場合、トレイルは危険です!
●コースを変更し、舗装路を走ります。
●警報以上の予報が出た場合、中止を決定する場合があります。

・今回のメインテーマは「赤目四十八滝」です。

・映画では「しじゅうやたき」と発音していましたが、正式には「しじゅうはちたき」で、地元の人も含め、多くは「しじゅうはったき」と発音しています。

・最初に、「極楽寺」を巡ります。

・「極楽寺」は奈良東大寺の「お水取り」で使われる松明を奉納する寺として知られていますが、今回は前を素通りする予定です。参詣はご自由にお願いします。

スタートから極楽寺を通過し、スタートからハイキングコースの入り口までは、ウォームアップをかね集団走とします。途中、原っぱがありますので、そこで記念撮影を予定しています。

・初夏の清涼トレイルということで銘打っていますが、赤目口駅からハイキングコースの入り口までは約3kmの緩い登りです。急な登りではありませんが、日蔭は少なく、前半は舗装路で、季節がら消耗することが予測されます。飲料の携行は必要と考えます。

・ハイキングコースに入り、山腹、川沿いの2kmの道は涼しく走れると思います。

・ハイキングコースを抜けたら、滝の入り口の手前の「延寿院」へ参詣しましょう。この寺も歴史は古いのですが、信長の攻撃で灰燼に帰し、今の建物は、その後の領主となった藤堂家によって再興されたものです。

・「赤目四十八滝」の入山料は参加費に含まれています。ゼッケンを見せてエントリーしてください。

・「赤目四十八滝」では、出口の「出合茶屋」近くまで、ハイカーと遭遇した場合は走らないでください。 追い抜くときは、声掛けしましょう。

・四十八滝と云われていますが、ただの沢のようなところも滝と称しています。自分としては、見ごたえのある滝は4〜5か所くらいかと思います。

・…とはいえ、整備された観光地であり、美しく涼やかな場所であることに変わりはありません。

・一般のハイカーは、途中でほとんど引き返しますので、滝エリアの後半の出口に近い所では走っても大丈夫と思います。

・滝を抜け、県道に出たところが「出合茶屋」です。細い林道ですが、バス停があります。ここにエイドを予定しています。

・エイドから、少し急な斜面をのぼって、「曽爾古道」にエントリーします。あまり整備がされていない林道で、雑草が進路を阻んでいるようなところもあります。「曽爾古道」は3.5qくらいで、概ねは下りです。

・「曽爾古道」を抜けると「今井林道」に合流します。「今井林道」は、半舗装路で、車の通ることのできる道ですが、車に遭遇することはめったにありません。同様に、概ね下りです。

「今井林道」を下っていくと、集落に入ります。下りきったところ、分岐点から青蓮寺湖の西側の湖畔に到達します。

・アップダウンの大きい、湖の西側を通り、ダムの真上を通過してゴールに向かいます。 ダム湖を望むダムの直近の駐車場に「第2エイド」を予定しています。

・「青蓮寺ダム」を渡り、左折して湖を左手にみて急な坂を下り、湖を後にすると、残り約3.5kmです。

・下って、下って「なつみ橋」を渡り、左折して200mでR165に出ます。「百五銀行」の広告塔が見える広い通りです。「なつみ橋」の手前に、ちょっと大きめのコンビニ[ファミマ]があります。

・右折して、マクドナルド・ユニクロのあるところで左折し、まっすぐいって、ケーズ電気の向こう側がゴール「名張の湯」です。

● ルートラボでは、主催者の予定したルートを100%正確に反映できません。進路を示すブルーのラインと地図上の道路に
 若干のズレがある他、YAHOO地図が認識しないルートは、フリーハンドの表示となります。
 また、フリーハンドでのルート表示はポイント〜ポイント間が直線計測となり、距離が正しく表示できません。
● このルートラボは、YAHOO地図の範囲で机上で作成したものです。実際には、一部、地図に存在しないルートを走る他、フリーハンドで適当に設定した部分を含みます。主催者としては、次回参加者にgpxデータの提供を呼びかけ、できるだけ正確なルート案内に校正したいと希望しています。
● 地図は縮尺の調整ができます。また、地図の背景がベタな模様になり、位置確認ができない場合は、縮小してください。
● 速度の調整が可能です。また、一時停止が可能です。
● リプレイしたい場合は、標高の現在地点を示す縦線をドラッグして、リプレイしたい場所でドロップしてください。
● 当日の状況等に鑑み、主催者はルートラボと異なるルートを指示する場合があります。