GIZAHOUSE RUNNING CLUB
[ 大会要綱コースの概要コースマップ ]
GIZAHOUSE RUNNING CLUB
GIZAHOUSE RUNNING CLUB GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

大会名 室生古道 クマタワ峠越え ミッドサマー ショートトレイル 約17km
開催日 2020年8月9日 【日曜日】
開催地・コース ●もみじ公園 → 室生古道 → 室生寺 → 室生川沿い → 宇野川橋付近 [エイド]

●宇野川沿い → クマタワ峠 → 済淨坊渓谷 → 赤目掛線合流ポイント[ゴール]
開催種目 ●トレイル・マラニック 約17キロ
参加資格 18歳以上 ハーフマラソン 2時間30分以内で完走できる方。
参加料 [税込] 5000円 [税込]
申込・締切 2020年7月19日
集合場所 紅葉公園 室生古道入口

最寄駅 近鉄大阪線 「室生口大野」駅から徒歩約15分 

詳しくは、試走レポートを参照。
受付・スタート 2020年8月9日 [受付=AM 9:00〜 / スタート=AM 10:00]
●集合場所・時間・スタート・受付等の要綱については、主催者からの連絡(官製はがき)にてご確認くださいませ。
エイド ・エイドポイント 7kmポイント[宇野川橋]

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

・体調確認のため、必ずエイドでは5分以上休息し、補給してください。
・スポドリ、ジュース、いなりずし、バナナ、スナック、塩飴等の補給
GIZAHOUSE RUNNING CLUB

・第1エイド 7km地点 を関門とし、am.11:20にエイドを閉鎖します。
ゴール 済淨坊渓谷の西側終点・赤目掛線合流ポイント
特別催事 ゴール後、名張の湯マイクロバスにて、「名張の湯」までお送りし、そこで入浴していただきます。
その他・留意事項 ・本人確認の必要な場合があるので、携帯電話を携行してください。競技中、携帯電話を携行してください。 GIZAHOUSE RUNNING CLUB

・山岳部は、岩場が多く、ソールのハードなトレイルシューズにてご参加くださいませ。 GIZAHOUSE RUNNING CLUB

・ルート上にコンビニはありません。室生寺附近には、自販機はポツポツあります。 GIZAHOUSE RUNNING CLUB

・公衆トイレは、エイド手前、龍穴神社に1箇所のみです。 GIZAHOUSE RUNNING CLUB

・概ねは林間のトレイルコースとなります。林道内では、転倒などを予測し、軍手・タオル・バンドエイドなど携行されることをお勧めします。 GIZAHOUSE RUNNING CLUB

・ゴールポイントにて、荷物を受け渡し、「名張の湯」までバスでお送りします。出発は、12:15 と 13:30 を予定しています。
GIZAHOUSE RUNNING CLUB


出発時刻は暫定で、満員になるまで待ちます。参加員数がオーバーフローする場合は、チャーターバスを考慮しますが、少数の場合は、曽爾横輪発(14:15)の名張駅行の路線バスを利用していただきます。その場合は、バス代を支給します。
・バスは秋は紅葉で有名な「香落渓」と「青蓮寺湖畔」を通過していきます。美しい沢沿いを楽しんでください。青蓮寺湖畔は、樹齢の若い桜が多数植林されていて、シーズンでは、湖面とのコントラストが美しく映える桜並木が楽しめます♪ 今回は夏ですので、桜は深緑となり、それはそれで楽しんでいただけると思います。「香落渓」は右側、「青蓮寺湖」は左側の席がよく見えます。 。
雨天の場合
集合場所・コース
の変更
●雨天の場合、また、レース前の数日が雨の場合、トレイルは危険です!
●雨天の場合はコース変更して実施します。実際に雨天でなくても、予報で判断する場合があります。
●雨天の場合は、伊勢本街道を走る場合があります。
●警報以上の予報が出た場合、中止を決定する場合があります。
●また、当日のルート確認で、主催者がイベントを遂行できる状況でないと判断した場合は、イベントを中止する場合があります。

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

そもそも8月上旬に屋外を走るなんてクレージーです!!

例年は、「信貴山・高安山越えショートトレイル」を企画・進捗し、熱中症をさけるため、信貴山寺で長時間の休養をとっていただいていました。
信貴山のイベントは、市街地が長く、もう少し、日陰の多いルートはないかと思案していましたが、昨年は企画立案が間に合わず、8月はお休みいたしました。

今回のコースは、新コースではなく、本来は「室生口大野駅」スタートで「香落峡」沿いの公園がゴールの約21kmなのですが、最初と最後のロードを削って、真夏でも成立するルートに改良しています。

今回は、概ね渓谷沿いを走っていきます!

受付・集合地点は「もみじ公園」前、「室生古道」の入口です。最初からフリーランとなります。

「東海自然歩道」のひとつである「室生古道」は、標高差、約300mの山腹を越えていくルートです。以前は、倒木やむき出しの岩、腐葉土に覆われたぬかるみが多かったのですが、最近はかなり整備されている印象で、見通しの良いルートになっています。

概ねはなだらかな斜面、時々劇坂をひたすら登り、下りは、あっという間という感じです。

ルートは、しっかり道案内の標識があり、安心です。「室生寺」を目指していきます。

「室生寺」にお参りできないか考えましたが、拝観料が¥600(団体で¥500)とコストに見合わないため断念しました。参詣はご自由にお願いいたします。
「室生寺」付近は観光地ですので、自販機がポツポツ道沿いにあります。

ここから南東 (室生寺に対し向かって右方向) に舗装路を行き、交番、郵便局・龍穴神社(トイレあり)を通過し「宇野川橋」を左折してトレイルコースに入ります。この約3kmの舗装路が日向になります。
熱中症、要注意です!!

約7kmの「宇田川橋」の左折ポイント付近手前にエイドを設置します。

「宇野川沿いのルート」は、標高差、約450mあり、ハイキングコースとはいえ、かなり急峻な箇所を含みます。全体を通して岩場が多く、苔むしていて滑りやすいので、グリップ力があり、ソールがハードなトレイル用のシューズでご参加下さいませ。

沢が見え、美しい滝がある場所があります。

東海自然歩道でもあるこのルートは、ハイキングコースですが、あまり知られていません。ほぼすべての分岐点、及び、少なくとも1kmの範囲内には、道案内の標識があり、迷う事はありません。

「クマタワ峠」というそうです。

途中から急に登りがきつく、道幅が狭く、落ち葉が多く、陽がささない林道があり、コースが沢になっているようなところもあります。

峠を越えたら、視界が開け、すぐに舗装路の林道になります。しだいに幅員が大きくなる林道をくだります。

途中「済淨坊の谷」に向う標識がありますので、本線から分岐して「済淨坊渓谷」に向います。左に折れていく分岐ですが、見通しがよく、見落とすことはありません。

「済淨坊渓谷」は真夏でもひんやりした清涼ポイントです。「済淨坊」の滝は、進路上、前ではなく右後ろに見えます。

「済淨坊渓谷」の出口付近、赤目掛線の舗装路とのT字路手前を、ゴールポイントとします。

第2エイドはありませんが、ゴールポイントで十分補給できるよう配慮します。
また、バス待ちが長くなることを考慮し、日陰で寝転んでもらえるようブルーシートと生地を準備します。
ゴールポイントには、暇をつぶせるものが何もありません。スマホはしっかり充電しておいてください。
約800m下ると、「サンビレッジ曽爾」というオートキャンプ場がありますが、キャンプブームで有料施設ですので、交渉しましたが、使用不可とのことでした。

エントリーの状況によっては、チャーター便も考慮しますが、過去同イベントから勘案して、バス2台でほとんどカバーでき、路線バスでの対応は少数と推測しています。
17kmを4時間以上かかる事は考えにくいですが、その次のバスは、17:00しかありませんので、初心者の方はご留意ください!!

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB

GIZAHOUSE RUNNING CLUB